LINK
キャッシングした時、お金を返す時には利息分を含めての返済になるのは誰もが知っていると思います。キャッシング会社は営利を狙いとした企業なのですから当然です。ですがお金を支払う方は、少しでも少なく返済したいとよぎるのが心中でしょう。利息制限法が実行される前は年率30%近い利率を支払わされてましたが、施行後は高くても年18%位ととっても低く設定されていますので、随分リーズナブルになったようです。最近のローンの利息の幅は4%位から18%位の枠に決められていて、使用可能額により設けられます。使用可能額は申込者の信用によって決まります。総量制限により年収の1/3までと設けられていますので、年収がどれくらいあるのか?どんな仕事をしているのか?キャッシングカードの使用履歴はどうなのか?いろいろ確認され与信額としてカードの内容が決まるのです。カードキャッシングの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各企業で利用可能額は変わります)と広い幅があります。そしてその範囲の中で定めた使用可能額により利息も決まってしまいます。50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら年間4%といった感じになるはずです。つまり、与信が良ければ、与信限度額も良くなり、利子も低くなるはずです。これに矛盾を覚えるのは僕だけでしょうか?余談になりますが、銀行又は金融機関にとって、これらは当たり前なのかもしれませんが、年収の高い人がお金の借入れが不可欠とは思えませんし、万一ローンサービスを利用したとしても利子が高かろうが低かろうが、返済に追われる事はないはずです。むしろ年の収入の少ない人は即座にお金が必要だから借りるという方がほとんどです。利率が高いとお金の支払いに苦労するなるはずです。ですから利用可能枠の低い人にこそ低利子で使用できるようにするべきなのではないでしょうか。この主張は利用する自分が置かれている立場としての意見となります。これらを踏まえて、金利を低くする為にはどうすれば良いのか漠然と理解したはずです。実際にこれから記述方法で、申請する人が多いので知らせますと、カードローンの手続きをする際に、一年の収入の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申込みを行うのです。年収450万円なら150万円。年収900万円なら300万円で審査で全金額通ればその分だけ利子が低いクレジットカードを手にすることができます。と言って上限ギリギリまで使用しなければならないわけではありません。1万円でも50万円でも必要な金額だけ使用できます。そのうえ利用限度枠が300万円で最低利子年率7%位のローン企業も存在しますので、その業者に手続きをすればその会社の最低利子で使用できるようになるはずです。どうですか?アプローチ次第で低利率のクレジットカードを手に入れることが出来るようになります。自分自身の年収とローン会社の利率を照らし合わせて、考える事に時間を割けば、より有利な状況で返済ができるのですから、しっかり確認するようにしなければなりません。